錬金日記

科学とオカルトの境界線

人工知能とか統計解析とか興味あるけど、その前に計算力をつけようと思ったという話

f:id:emkei127:20181125192328p:plain

 

以前やっていたブログでもたまに投稿していたのだけど、「計算力を身につけたい」という話。

 

人工知能や統計解析とか、データサイエンスが盛り上がりつつあるなか、僕も勉強したいなーと。たんに情報収集するのではなくて、Pythonなんかのプログラミング言語を使って勉強したい。

 

しかしちょっと本格的に勉強しようと思うと、数学ができたほうがいい。

 

というか、僕は数字とかデータを使いこなせるようになりたい。そのうえで、数学も道具として使いこなせるようになりたい。

 

大学で経済理論や統計学を勉強したくらいだから、理論は好き。だけど、計算が苦手だから数学が得意とは言えなかった。ことあるごとにごまかしてやってきたという感じ。

 

算数は4年生のわり算、小数、分数あたりでつまづいた。それ以来計算が苦手だ。

 

計算力をみにつけようと、大学を卒業してからも百ます計算とか水道方式とか、そろばんとか自習したこともあったけど、身にならなかった。

 

そんなときに出会ったのが「らくだメソッド」。

 

どの子にも学力がつく らくだメソッド

 

小学1年生レベルから高校3年生レベルまで、ひたすら計算させるプリント。僕は小学1年生レベルの「数字を書き順どおりに書く練習」からはじめたw

 

原則1日1枚と決めて1年以上続け、300枚を超えるプリントをやった。今は小学5年生レベル。小学生の四則演算って本当に大事…。

 

ひとまず、このらくだメソッドで高校生レベルの計算力を身につけることが目標だ。

 

See you!

 

らくだ学習法―子どもがみるみる自分から学び出す!

らくだ学習法―子どもがみるみる自分から学び出す!