錬金日記

科学とオカルトの境界線

ものごとの本質を知ると、孤独の罰を受ける

 

そもそも人というのは、ものごとを正しく認識できない。

 

ので、まずはそのことを自覚する必要がある。

 

しかし、その先に待っているのは孤独なんだ。

 

実は多くの人はことことをうっすらと感じ取っている。

 

しかしそれがすごく怖いから、ものごとの本質を見ようとしない。

 

たとえそれがイツワリであっても、みんなと同じだと安心で、安全だから、見て見ぬ振りをする。

 

凡人は、太陽が地球の周りを回っていると信じたい。真実はどーでもいいのよ。

 

そんな人生は、クソつまらんとゆーのに。

 

Have a nice lonely life!

 

極上の孤独 (幻冬舎新書)

極上の孤独 (幻冬舎新書)