錬金日記

科学とオカルトの境界線

大学で経済学を勉強しても資本主義がピンと来ない人は、ロバートキヨサキの『金持ち父さん、貧乏父さん』を読むといいよ

 

大学で学ぶ経済学もいいものですよ。

 

社会に出てから、経済ニュースに関心を持てるようになるからいいよね。

 

ただ、本当に「生きていくための経済学、お金の知恵」を知りたいなら、ロバートキヨサキの『金持ち父さん、貧乏父さん』は欠かせません。

 

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

 

 

僕は大学を卒業し、就職したその年に初めて読みましたが、『資本主義ってこういうことだったのか!』と目から鱗が落ちる思いでした。

 

そこには大学の経済学では学べない「お金の知恵」が書かれていました。

 

ストーリーとして書かれているのでいろんな人が読みやすいと思います。

 

現代の資本主義に生きるすべての人が読むべき良書です。

 

See you!